妙高 秋の山と高原散策

1日目は快晴の妙高山に登り、2日目は妙高高原をドライブしながら散策しました。

 Home  Back
  妙高高原スカイケーブルの始発を待ちながら、山麓駅で
美しい風景を堪能しました。 
   早朝の日差しで、ススキの穂が銀色に輝いて、清々しい
朝です。
   欧米風の建物がガスに浮き上がり、メルヘンの世界の
ようです。
   スカイケーブルが動き出しました。
   ゴンドラは紅葉の中を、高度を上げていきます。
   遠くの山々は雲海に浮かんでいます。
   山頂駅からは、長いスキー場の道を登ります。
   妙高山頂付近からの雲海展望。
  下りでは登りでは見る事が無かった、白樺の林が怪しげ
に枝を絡ませていました。
   登山の後は、アパリゾート上妙高リゾートのイルミネーシ
ョンで、目を楽しませます。
   木々も電飾され、異様な色に染まっています。
   この場所では、噴水に龍の動画を映し出す、スペクタル
な映像も楽しめました。
   翌朝は高原ドライブを楽しみながら、まずはイモリ池で
す。妙高山は少し雲が巻き、池に映る山容を撮る事はで
きませんでした。
   イモリ池では、池の中の紅葉も楽しめます。
  こちらもイモリ池です。
   またまたイモリ池です。秋のイモリ池は紅葉が美しく、飽
きる事がありません。
   苗名滝の滝壺には、虹がかかっていました。
   
 苗名滝の青空・緑葉・紅葉・虹と何と贅沢な瞬間でしょ
うか。
   笹ヶ峰高原では牛達が、のどかに草を食べていました。
  この辺りから急に、水が湧き出る宇棚の清水です。
   宇棚の清水の下流にある、清水ヶ池です。白樺の白い
幹が水に映り込み、感動しました。
   縦方向で白樺を見てみました。
   今度は清水ヶ池の背景に山を入れました。
  清水ヶ池の近くにある、ドイツトウヒ林です。日本のトウヒ
は常緑樹ですが、ドイツトウヒは紅葉するのですね、驚き
ました。
   ワイドな感じのドイツトウヒ林です。
 
 Home  Back