大峯山系に咲く花

 Home  Back
   「アケボノツツジ乱れ咲」    深山の宿   5月

咲き急いでどうしたんだ、隣の花も半分散ったし。

   「うなだれて咲く」    川迫川   5月

鮮やかに染まったね、綺麗だよ。

   「ネジレの構造」    深山の宿   5月 (アケボノツツジ)

そのネジレ具合で、君の苦労が良く解る。

   「ヒメレンゲの谷」    無双洞   5月

君たちはチビちゃんだけど、新緑の谷間に映えて綺麗だよ。

   「ミツマタの谷」    前鬼   3月

君たちの迫力に、圧倒されそうだ。

   「栄枯盛衰」  八経ヶ岳   7月  (オオヤマレンゲ)

生と死を同時に見せつけられるのは、古希を迎えたこの身に酷だよ。

   「可憐に生きる」    阿弥陀ヶ森   5月  (シロヤシオツツジ)

アップで見ると中々可愛いじゃないか。

   「輝きがいっぱい」    山上ヶ岳   6月  (イワカガミ)

脇役がそんなに輝くと、肝心の花ちゃんが可愛そうだ。

   「強烈な匂いで虫を呼ぶバイケイソー」    聖宝の宿   8月

虫たちを呼べても僕は御免だねその匂い、でも君たちが努力している事は僕が一番知っている。

   「玉置山で」    玉置山頂   5月 (シャクナゲ)

奥駈道縦走で疲れ切った僕の心を癒してくれたね。

   「孤高のシロヤシオツツジ」    釈迦ヶ岳山頂   5月

厳冬を乗り切っても僅か十輪の花しか咲かせられない、でも頑張ってる姿が美しいんだ。

   「赤白競演ヤシオツツジ」    深山の宿   5月

目立たない白も負けるな、赤も負けるな。

   「大日岳のシャクナゲ一輪」    深山の宿   5月

一輪では寂しいね、来年は沢山咲くといいね。

   「恥ずかしがりやのオオヤマレンゲ」    八経ヶ岳   7月

少しうつむき加減の、清楚な君が好きだよ。

   「宝石の様に」    川迫川   5月

その輝きを、そのまま僕の人生に置き換えられたら、どんなに良いだろう。

 Home Back