大台ケ原撮影山行

2002/03/02

3/1 21:00名古屋のさんと榛原駅で待ち合わせ、22:30大台ケ原ドライブウェイ冬季ゲート前到着。

3/2 3:30起床4:30大台ケ原山上駐車場を目指して徒歩スタート。10km程はほとんど雪がなく、快調に登る。山上に雪があるのか少し不安になってくる程雪は少ない。残り2kmでスノーシューを着けたが思った程の快適さは無い。

11:00駐車場に到着。少し休憩を取ってそのまま日出ヶ岳山頂を目指す。

13:00山頂に到着、荷物を置いて向かいの正木嶺迄撮影ポイントを探しに行くも霧氷は全く見当たらず、撮影意欲は沸いて来ない。

15:30日出ヶ岳展望台下の避難場所にテントを張り夕食の支度を始める。さんはキノコのリゾット、自分はカレーを食べ、やる事もなく18:30寝袋に潜り込む。夜に入ってガスが沸き始め、風が強くなり、風の音とテントのハバタク音で中々寝付けない。

3/3 6:00起床。外は木々に霧氷が着き、空も晴れ渡っている。絶好の撮影日よりだ。急いで食事を済ませテントを撤収する頃には霧氷が風で飛んでしまい、先ほどの事は夢を見ていた様に感じた。又もや撮影意欲が減退、カメラはザックから出る事もなく下山開始する事にした。

大台教会に宿泊した人が、二人ずれが来ないと奥さんが心配していたと言ったが、宿泊を向こう(主人)から断ってきたのにどうなっているんだ?そのために我々はここでビバークをしたのに...。大台教会の主人は一見さんお断りの方針で、奥さんはそうではないらしく対応が分かれていたようだ。

 
僅かに残った霧氷1 

尾鷲辻を通って駐車場、更に下のゲート迄役20kmの下山が始まった。5km降ったところでドライブウェイから僅かに残った霧氷が遠くに見える、折角大台ケ原に写真山行に来たのに一枚も写真を撮らないのは口惜しいと、ここで始めてカメラをザックから出して、420mm望遠レンズをセットする。たいした写真が撮れるとは思わないが。

少し降ると今日二人目の登山者に遭遇、霧氷を狙っていると言う。霧氷は全く無いよと言うと、それじゃ行く価値もないと写真の事・山の事等をだべりながら、我々と一緒に降る。13:30ゲートに到着、169号線で土砂崩れがあり、十津川経由で168号線で帰る事にする。

この件氏の志高への山行報告有り






   
 僅かに残った霧氷2 僅かに残った霧氷3 
 Home Back